読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumaichiの1エンド側(本館)

鉄道や山のことを気の向いた時にちょっとずつ。

梅が咲くころ君が散る 第1章 惜別 京成3300形

撮り鉄

前の記事にあるように、今日は京成3300形のラストラン列車である『リバイバル特急成田山号』に乗ってきました。

今日はその様子を記事にしていきます。

が、長くなりそうなのでいくつかの記事に分けて投稿します。

 

f:id:No900:20150228065732j:plain

朝7:00

京成津田沼から今回の旅は始まります。

 

f:id:No900:20150228065831j:plain

ちなみに、京成津田沼では記念乗車券(硬券!!)を取り扱っていたので1部を購入。

 

f:id:No900:20150228194351j:plain

帰宅後の撮影ですが、中身はこんな感じ。

京成上野→京成成田(840円)+京成成田→宗吾参道(160円)で、ちょうど1000円。

 

f:id:No900:20150228071043j:plain

それでは、3700形の快速特急で上野へ向かいます!!

 

f:id:No900:20150228074805j:plain

上野に到着です。

 

f:id:No900:20150228075218j:plain

この時点で既に20人程度が並んでいました。

 

f:id:No900:20150228075805j:plain

記念のスタンプラリーにも参加しますよ~(^^)

 

f:id:No900:20150228075756j:plain

気の利いたことに、保存用と応募用の欄をそれぞれ作ってくれています。

 

f:id:No900:20150228075313j:plain

さて、図書室の本でも読みながら待ちますか。

 

f:id:No900:20150228084936j:plain

待っている間には第一線を退いたAE100形が入線。

てかまだいたんだ、てっきり廃車or車庫警備かと思ってたのにww

 


京成3600形 京成上野到着 - YouTube

 


京成3000形 京成上野到着 - YouTube

 


京成3600形 京成上野発車 - YouTube

 

テケトーに動画を録ったりw

 

f:id:No900:20150228090754j:plain

そしてこちらのホームにはAE形(2代目)が入線。

朝は有料特急の本数が多めですね。

と言うより、成田スカイアクセス線開業以降は地元の津田沼に有料特急がほとんど来ないのですww

 

f:id:No900:20150228094610j:plain

そうこうしているうちにファンの数がハンパないことになってきました。

それぞれ知り合い同士で固まっているため、割り込み(そもそも列があったかどうかも微妙)が多発していました(^_^;)

 

そして……。

 

f:id:No900:20150228101040j:plain

ついに……。

 

f:id:No900:20150228101041j:plain

3300形が泣いてる!!引退するのが寂しいのか?

とにかく、成田まで安全運転で頼むぞ!!

 

f:id:No900:20150228101054j:plain

いつもは4両で運用をする3300形ですが、今日は特別に4+4の8両で運転です!!

 

f:id:No900:20150228101302j:plain

3300形の特急幕は初めて見ます!!

 

f:id:No900:20150228101543j:plain

先端では撮影大会!!

譲り合うようにそれぞれが声掛けをしますが、声量のせいか罵声大会のような雰囲気に……。

 

f:id:No900:20150228101555j:plain

それにしても、このデザインのHMは渋いっ!!

特に『特急』のフォントが渋い!!

 

f:id:No900:20150228101212j:plain

さて、私も戦闘車先頭車に乗り込みます。

 

f:id:No900:20150228114225j:plain

車番は3301

3300形のトップナンバーです。

 

f:id:No900:20150228102151j:plain

この形式は非冷房でデビューしたので、いまだに扇風機が残っています。

しかし、この扇風機が回ることはもうない……。

 

f:id:No900:20150228101902j:plain

もちろん、録音もしますよww

※記事のUPに動画の作成が間に合わなかったため、後日YouTubeにUPした際に別記事でリンクを貼ります。

 

沿線には多数のファンや家族連れが集まり、3300形最後の力走をその目に焼き付けた。

通勤ラッシュに匹敵する混雑にも関わらず、100km/hに近づくと床下からは「ブーン」という独特な唸り声がはっきりと聞こえる。

晩年は普通運用ばかりだった3300形にとって、多数の乗客を乗せて高速運転をすることは無理があったのかもしれない。

それでも3300形は日暮里~青砥間で停車したり、京成津田沼で安全確認を行ったりはしたが、目立ったトラブルもなく終点の京成成田に到着した。

 

f:id:No900:20150228114422j:plain

京成成田では報道陣にも出迎えられ、簡単ではあるがセレモニーも行われた。

 

f:id:No900:20150228115029j:plain

丸みを帯びた可愛らしい顔も今日で見納め。

 

f:id:No900:20150228115927j:plain

そして最後は、回送として宗吾参道へ。

 


【惜別】京成3300形 宗吾参道へ……。 - YouTube

 

引退した京成の電車が他社に譲渡されることはほとんどない。(北総へのリース車を除く)

つまり、京成で生まれた電車は京成でその一生を終えることになる。

半世紀近くこの路線を走り続けたこの車両は、顔や塗装を変えながらも老若男女問わずみんなが見て、みんなが乗り、そしてみんなに見送られた。

 

f:id:No900:20150228194507j:plain

 

3300形、君のことはきっと忘れない。

ありがとう、そしてお疲れ様。

 

 

次回予告(アニメ風)

京成成田で3300形を見送ったKumaichi。

彼が次に向かう場所とは!?

次回、『梅が咲くころ君が散る 第2章 山菜そばと森の妖精』

それでは、また次回!!

どういう記事だよww