読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumaichiの1エンド側(本館)

鉄道や山のことを気の向いた時にちょっとずつ。

ターボ君と芝鉄もどき

f:id:No900:20130818175137j:plain

この前京成成田駅で遭遇した3600形ですが・・・・・・。

 

f:id:No900:20130818175148j:plain

3661・・・・・・。

『ターボ君』かよ!!

でもなんでターボ君って呼ばれているのかわからないんだよな~。

誰か知っている人がいたら教えてくださいm(_ _)m

 

f:id:No900:20130818174925j:plain

ちゃんとほろもついています(当たり前)

f:id:No900:20130818175009j:plain

いろいろなコードがつながれています。

f:id:No900:20130818175023j:plain

ワイパーは撤去されています。

f:id:No900:20130818175025j:plain

連結面の幕はすべて白幕です。

f:id:No900:20130818175041j:plain

車内は種別表示幕も白幕(?)になっています。

f:id:No900:20130818175045j:plain

運転台も残されています。2両ずつに分割してみたいww

f:id:No900:20130818175058j:plain

お!!トップナンバーだ!!

 

f:id:No900:20130818175531j:plain

少々斜めになっていますが、芝鉄もどきです。

正面にあった『SR』のロゴは無くなり、側面の『芝山鉄道』と書かれたプレートは、筆記体の『Keisei』プレートに交換されています。

今は逆に3500形の『京成もどき』があるようなので、そちらも見てみたいですね~。

 

ではではまた次回。